電話する

地図

予約・問合せ

メニュー
ヘッダーオファー

5:小児期に矯正治療をする大切さ

低年齢の子供達に必要な事がたくさんあります

日本人が歯ならびが悪い理由は、小児期に起因します

不正咬合の原因と引き起こす症状

成人の歯ならび・咬み合わせが引き起こす問題のほとんどは乳児・幼児・小児期(0才~12才)に起因します。
この時期の子ども達が抱える共通の問題点として、姿勢の悪さ・低位舌・口呼吸が挙げられます。

体の姿勢の悪さは低位舌(ベロの位置が低い)を招き、低位舌は歯列不正(歯ならび)や顎位不正(上あごに対する下あごの位置の悪さ)を招きます。

口呼吸は歯列不正(歯ならび)や顎位不正(上あごに対する下あごの位置の悪さ)の原因だけでなく、風邪やインフルエンザになりやすい体にしてしまいます。

診療室1
診療室2

歯並び・咬み合わせだけでは無い、小児の矯正治療

私たちが取り組んでいる小児矯正は、装置の力で歯ならび、咬み合わせを治すことを主体とはしていません。

乳児・幼児・小児期に本来獲得しないといけない、舌の力・舌の動かし方・唇の力・唇の動かし方、姿勢、鼻呼吸など、足りていない機能的な問題点を検査で見つけ、機能訓練や食事指導を行って治していきます。
これをバイオファンクショナルセラピー=BFTといいます。

特に私たちが力を入れているのが食事指導です。
豊かな自然が育んだ、山口のおいしい海の幸、山の幸をご家族で楽しむ。
お子さんの治療にもなるご提案をしていきます。

受付

各種矯正装置で歯を動かすのはあくまで補助的なとらえ方です。

受付

日本小児歯科学会 学術大会における院長の発表

受付



診療スケジュール

当院へのお電話からの問い合わせは083-995-0118へ

診療時間
9:00-12:30
14:30-19:00
/
/
日・祝
/
/
▲・・・土曜日 午前9:00-12:00 / 午後13:30-17:00
ご予約・お問い合わせはこちら
MKデンタルオフィスの外観
フッターオファー
© MKデンタルオフィス